ゲーム実況

ゲーム実況再開準備! 必要な実況用デバイスと今後の夢のお話。

ここのところすっかり忘れてましたが、私は一応Youtubeのチャンネルを所有しています。

ブログの宣伝も兼ねてですが、ゲームブログをやる以上ゲームをプレイする事は怠るわけにはいきません。

だったら実況でやろうじゃないか!」と言う事で準備を進める事にしました。

まだ今は最低限の設備しかない!

マイクはヘッドセット、カメラはPS4用のみ

実況するにあたって必要最低限の設備はPCもPS4も揃っています。

ただちょっと物足りないのが実情で、PS4はカメラとヘッドセットPCはヘッドセットのみ

私としては基本的にライブ実況の方がやりたいので、なるべく顔出しをして視聴者の方との距離を縮めたいなと考えております。

そのため、PCの方でもカメラを導入したいと思っています。

また、ヘッドセットだとどうしても音質が悪いのでキチンとしたマイクも欲しいところ。

まずはカメラから ロジクールC922n

まずカメラは安物買いをすると損すると言われていますので、1万円以上は出そうと思います。

そこで前々から目をつけていたのがこちら、ロジクールC922nです。

フルHD1080iの高画質対応なのもありますが、何よりも気に入ったのは疑似的に背景を透過できる点。

一応部屋はキレイに見えるよう整えているのですが、実況の時って自分の姿を映すと背景の分だけゲームがちょっと見づらくなると言うデメリットがあるんです。

その点、疑似的にでも透過してくれるこの機能を使えば視線移動の多いFPSのようなゲームでも邪魔になりにくい。

デバイスをロジクールで固めている私自身の好みにもマッチングしていて文句無しです。

次はマイク audio-technica AT-2020

マイクに関しては優先順位は低くていいかなと思っています。

と言うのも先述のC922nにもマイクは搭載されており、音質次第ではそのままでも良いのかなと思うからです。

ただ、個人的な憧れで言えばマイク用のアームを使って実況するとカッコイイなと思っているので、その場合にはこちら「audio-technica AT-2020」が目に留まりました。

AT-2020は入門モデルであり、価格も10,000円ちょっとと手ごろな価格。

普段音楽を聴くときにもaudio-technicaのイヤホンを使っているのでなじみがあります。

実況だけではなく、編集もしたい!

初心者の編集ソフトは黙ってコレ! Filmora9

実は動画編集ツールは既に持っています。

以前記事で紹介した事もあるFilmora9です。

このFilmora9のメリットは何と言っても初心者でも直感的に編集が出来ると言うところ。

また、効果音やエフェクトも予め多数入っているため、簡単に「それっぽい動画」が作れてしまいます。

上級者には物足りない部分もあるでしょうが、私のような駆け出しのゲーム実況者には十分すぎる機能が搭載されています。

さらに、大きなアピールポイントは「動画の撮影も出来る」と言う点。

撮影も編集も出来るソフトで、ライセンスが7,980円とお手頃なのも魅力的。(個人使用の場合)

夢の環境は整いつつある。

ゲーミング秘密基地計画第一段階完成間近

過去に公開した「ゲーミング秘密基地」の記事にもありますが、私が求める理想のゲーム環境はいよいよ完成が近づいてまいりました。

ゲーミング秘密基地
完成予想図

後はデュアルモニターになれば第一段階は完成です。

第二段階はブログの収益が一定以上に上がったら、マンションを借りてその部屋で好き放題にゲーミングルームを作ると言う夢があります。

そのための細かい継ぎ足しは今後も必要になりますが、夢への第一歩はもうすぐです。