ゲーミングデバイス

SONY プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット 使ってみた

本物のサラウンド環境を整えられる人は中々いないと思います。

それを手軽に体感できる、今回はバーチャルサラウンドについてお話をしたいと思います。

PS4って基本的にアンプを使わないとサラウンドに出来ないようになってます。

唯一、アンプ無しでサラウンド環境にできるのがSONYワイヤレスサラウンドヘッドセットとなっています。 

写真は私が使っている「プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット」で、大体2年くらい使用しております。  

私がこのヘッドセットを購入したのは勿論、7.1chサラウンドでゲームをしたかったからです。

では、実際に使用してみてどうなのでしょうか?

おしながき

そもそも7.1chサラウンドサラウンドって?

音の聞こえ方について簡単におさらいしましょう。

まず、普通のステレオは2chです。

音の方向は右と左別々に聞こえてきます。

〇→ 自分 ←

これだけでも無いよりはマシなんですが、音の左右しかわからないので音の「定位」がほとんどわかりません。

では(バーチャル)サラウンドではどうなのか? 

イメージとしては下のようになります

           〇          
           ↓ 
〇→ 自 分 ←〇
      ↗   ↖
   〇     〇

図が超適当ですが、要するにほぼ360°カバーしてると言うわけです。

使用感の話

結論から言いますと

1.レインボーシックスシージ等では使えるが、CODやBFのようなゲームには不向き。

2.そもそもゲームが7.1chに対応していないと意味がない。

3.密閉型のヘッドセットなので没入感は高い。

と言う事です。

その理由 

確かに音の方角はおおよそわかるので、情報が命のレインボーシックスシージなんかでは十分に価値があります。

(ちなみに、平面的な聞こえ方なので音の上下まではわからないんです。)

では動き回るFPSでは何故微妙なのかと言うと、ドカドカ走り回ったりするようなゲーム性だと音がそもそも誰が発した音なのか判断することが難しいからです。

なので、RPGやアクションゲームの臨場感を楽しむために使うのはアリでしょうが、FPSためだけにサラウンドのヘッドフォンを買うのはちょっと勿体ないでしょう。

メリットはむしろ他のジャンルにある

逆に超気合の入ったムービーのゲームなんかで使うと没入感ハンパない。

特に、バイオハザードなんかで使うと怖すぎると思うので心臓の弱い方にはお勧めしませんw 

また、PS4でブルーレイの映画を見る時などにも大活躍します!

僕はスターウォーズが大好きなのですが、ライトセイバーの音やスターファイターの飛び交うシーンなどは大迫力で感動しました!

ゲーム以外の用途も含めて考えるならかなり楽しく使えるヘッドセットではないでしょうか。

それでは、良いゲームライフを!