FPS

レインボーシックス クアランティン 謎多きティザーから読み取る

E3で発表された「レインボーシックス」の最新作、「クアランティン」は、シージの数年後が舞台になるCo-opシューターです。

オフィシャルティザーには断片的ですが情報が散りばめられています。

シージと同じ世界観を共有

アウトブレイクは体験版?

今回のティザーの注目すべき点はやはり前作となる「レインボーシックス シージ」との繋がりです。

公式にシージと同じ世界観の数年後であると明言されていますが、そうなると気になってくる点がいくつかあります。

まずは敵となる謎の地球外生命体…以前期間限定配信されていた「アウトブレイク」との関連が気になるところです。

設定的にも合致するアウトブレイクは、続編を製作するに当たりファンの反応を見るための実験作だったと考えられますね。

シージのオペレーター達が登場?

ムービーにはレインボー部隊と思しき2名の人影が、何かに感染したような描写の人物を救助しに来るシーンがあります。

そのうち一人はERAと酷似した容姿をしています。

もう一人ははっきり見えませんが目元だけ見えるマスクを着けているようだったのでヴィジルのように見えます。

そして今作は3人協力型のゲームです。

救助されたのは3人目のオペレーターであると推測できます。

また、彼(彼女?)の腕に着いた装置のランプが赤から黄色に変わっていました。

これは感染に対抗するためのワクチンを投与できる装置でしょうか。

そうすると、何回かダウンするとワクチンが無くなって復活できないと言うシステムになるのが予想されます。

シージで登場したテロ組織はどうなるのか

シージはそもそも模擬戦である

シージがレインボー部隊の壮大な模擬戦だったと言う設定は皆さんご存じかと思います。

世界的なテロリスト集団を相手にする精鋭部隊の訓練と言う内容です。

ところが、シチュエーションの最終ミッション「第6条」に登場した謎のテロリスト集団との決着がまだ描かれていません。

アウトブレイク事件で起こった隕石落下の時に出て来た謎の細菌をテロ組織が採取して悪用するなどと言った展開で登場するのではないかと予想します。

また、シージからクアランティンまでの数年間を描いたミッシングリンクもあれば面白いですね。

PVPは残るのだろうか?

FPSで必ず気になってくるのは対人戦、PVPが実装されるのかどうかです。

シージで登場したオペレーター独自のガジェットも相手が大量のクリーチャー相手となると使える物は限られそうです。

フューズやタチャンカのようなオペレーターはそれこそ無双出来そうですが、サッチャーやドッケビのような対電子機器の人々は苦戦を強いられそうです。

となると、彼らの場合は登場はしてもプレイアブルではなく顔出しだけではないでしょうか。

PVPの為だけに登場、と言うのもちょっとアレかなって気もします。

いずれにしても対人要素は大きく変化して登場するでしょう。

発売は2020年初旬

初旬と言う曖昧な発表ではありますが、来年の早い段階で発売が決定している様子。

おそらく完成度はほぼ100%に近く、これからどんどん情報が出て来る事でしょう。

続報が楽しみです。

関連記事