アクション

【大予想】モンスターハンターワールド2019年新作「アイスボーン」 予想してみた【令和元年5月時点】

氷の大地が新たな狩場となる「モンスターハンターワールド:アイスボーン」。

発売が2019年9月6日に決定し、いよいよ発売が4か月を切りました。

今回は判明している要素のまとめをサラっと紹介しつつ、私の予想も付け加えていきたいと思います。

おしながき

判明している新要素(大きな物だけ)

  1. 新フィールド「渡りの凍て地」登場
  2. 新モンスター3体:イヴェルカーナ(古龍)、バフバロ(牙獣種?)、ブラントドス(魚竜種?)
  3. お馴染みの人気モンスターも再登場:ナルガクルガ(確定)、ティガレックス(?)
  4. マスターランク(G級)解禁:ゼノジーヴァ討伐が条件

①新フィールド「渡りの凍て地」登場

名前の通り、一面雪に覆われた氷の大地が新フィールドとして登場します。

前作では登場しなかったホットドリンクがついにカムバック!

雪の積もり具合でハンターの操作感が変わると言うギミックも。

②新モンスター3体が発表

イヴェルカーナ(古龍)、バフバロ(牙獣種?)、ブラントドス(魚竜種)の3体が発表されています。

慣例に倣うのであれば、ラスボスの古龍もシークレットで登場するのでしょうか。

③お馴染みの人気モンスターも登場

ナルガクルガが正式に発表されており、鳴き声だけですがティガレックスらしきモンスターが居る模様。

ちなみにティガは私の大好物です。 

④マスターランク(G級)が解禁

これは期待していた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「渡りの凍て地」はどうやらマスターランクになれば行ける模様。

となると当然、装備もマスターランク装備が登場する事でしょう。

またこれら以外にも小型モンスターやスリンガーの新要素等も続々判明しています。 

※警告※ここからは完全に私の想像と妄想のお話です。

私のアイスボーン大予想

①古龍種はもう一体出る

新モンスターの項でも少し触れましたが、通例であればがラスボスとなる古龍種登場する事は間違いないでしょう。

その場合、ゾラ・マグダラオスのように超巨大なモンスターになるのか、ゼノ・ジーヴァのようなミラボレアスを彷彿とさせる神秘的なモンスターが来るのか。

いっそミラボレアスも出ないかな

私の希望としてはアカムトルムのようなモンスターだと嬉しいです、ただしアイツ飛竜種だけど。 

②新武器種が登場

新武器種と言うか個人的にはランスとハンマーの新種が欲しいです。

ランスはそろそろ完全なドリルが登場してもいいと思うので、ガンランスと掛け合わせてガンドリルとか出たら胸アツです。

ハンマーは重鈍だが高威力のモードと威力を抑えて手数でスタン値が溜まりやすいモードを切り替えられる、デュアルハンマーとかカッコいいと思います。

一生懸命考えました!パクっちゃだめだぞ!


③新拠点登場
モンスターハンター4Gの時にはG級の新拠点としてドンドルマが登場したので、マスターランク専用拠点も出てくる可能性アリですね。


その場合、ラスボスを迎撃するための拠点みたいなのを作るって展開があっても良さそうです。
MH4Gのゴグマジオス戦のような物を期待します。

④コラボも加速!
他社のゲームとのコラボ、特にFF14のようなビッグタイトルとのコラボが再び展開されるでしょう。
また社内コラボでデビルメイクライ5のコラボ武器とかあるんじゃないかと予想しています。
スリンガーがネロの悪魔の腕みたいになるとかやって欲しいです。

まとめ


今回は私の妄想大爆発の記事を書かせていただきましたが、アイスボーンがリリースされた後、答え合わせをしたいと思います。


執筆時点(令和元年5月)での予想となりますので、次に新情報がリリースされる6月のE3のトレーラー次第では私の妄想が加速するかもしれません。

今回のアイスボーンはいわゆる大型拡張コンテンツになるので、売り上げの手ごたえ次第では第3弾拡張なんかも登場するかもしれません。

モンスターハンターフロンティアがそうだったように、年月を経て新武器が登場した経緯もありますので、MHWでもガンドリルとデュアルハンマーが実装される可能性は高いでしょう、多分。

MHWアイスボーン、発売は2019年9月6日、令和最初のモンスターハンターを迎える準備を整えて待ちましょう!