ゲーム実況

ライブ実況環境ーPS4とPCの違いについて。

さて、突然ですが私は一応Youtubeでゲーム実況をしております。  

PS4とPCの二つの環境で実況しているのですが

どちらも一長一短あってどうにかならんものかと思案しております。

今日は私のお悩み相談を兼ねて、実況の環境の現実をご覧いただきたい。 

おしながき 

PS4で実況の場合

〇良いところ

手軽なのは断然PS4です。

TwitterやFacebookとも連動させられるし、YoutubeやTwitch、ニコニコ生放送等から好きな媒体で流すことが出来ます。

また、視聴者のコメントを同じ画面上で見られるため、ゲームを実況しながらコメントへのレスポンスをしやすいので便利です。

この辺りは、PCだとデュアルディスプレイとかにしないといけない分、PS4の方が初心者実況者にとって、お財布的にも優しいですね。

ちなみに、PS4ではカメラを使って顔出しでプレイしています。 

PSカメラ

×ダメなところ

細かく編集したかったらPCを使わなければならないところ。

シェアファクトリーって言うPS4の動画編集アプリがあるんですが、そもそもマウスではなくてコントローラーで操作するのが基本になってしまうので、そこが私には合わないです。

ただ、動画をUSB等でPCに移して編集する事で解決出来ますけどね。 

あと、PS4と言うメジャーなゲーム機を使用しているためか、年齢層が低いのも特徴です。

それ自体は別に構わないんですが

ネットリテラシーやらネチケットやらを学ぶ前のお子様が闊歩しているのが現状でして

私のターゲットにしたい層とは残念ながら遠くかけ離れています。

PCで実況の場合

〇良いところ

私の主戦場たるFPSの実況の場合コントローラーを使用するPS4と比較してマウス操作のPCの方がゲームのテンポが速いと言われておりその点で見栄えの良さはPCの方がよいと思います。

勿論、実況する本人の腕前もある程度以上無いとお粗末な動画しか作れませんが。 

また、これは私はまだ全然揃えられて無いのですが録画や録音の機材の選択肢が非常に多い事です。 

例えば声の録音に使うマイクなんかが最たる例ではないでしょうか。

ヘッドセットでも音は十分拾えるのですがより良い音質を求めるならば専用のマイクを導入する事も出来ます。

私がPS4実況で使用しているプレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット

若干音が籠ると視聴者様からご指摘がございましたので

その辺りは大きなアドバンテージになると思います。

×ダメなところ

一定以上のクオリティを出そうと思うと機材がどれも高いです。 

一個ずつとかでないと買えないから、どれから買うか大変悩んでしまいます。

今すぐ必要ではないけれどあったらいいなと思うのがサブモニターです。

今のモニターをサブにして、メインをFPS用に144hzくらいの24インチサイズで出来ればフルHDのモニターにしたいと思ってるんですが、そうなると大体3万円。

更にモニターを縦配置にしたいのでモニターアームをそれなりの物にしたらやっぱり1万くらい。 

ゲーミングチェア買えちゃうよね‼ 

まあ、実はサブモニターがあるにはあるんです。

ご紹介します。

クリーパー

iPad Pro 2017モデルさんクリーパー仕様

一応コメント見ながらPCで実況はできますよ!一応ね!

まとめ

と言うわけで、どちらも一長一短な事はご理解いただけたかと思います。

私としてはPS4からPCの間がシームレスに出来ればそれが一番いいのかなと思っていますが

そもそもそんなやり方あるのかわからないので物理的にUSBメモリを使って動画の移行を行っています。

今回は私の実況の環境の良し悪しをご紹介しただけですがもしここに何かを加えれば良くなるよってコメントでご指導いただければ幸いです。