ゲーミングデバイス

ロジクールG430をPCとPS4でそれぞれの使用感の比較をしてみた!

PCで使える7.1chサラウンドのヘッドセットが欲しくて、型落ち品のG430を購入。

定価(10,000円ちょい)の半額ぐらいで買う事が出来たので大満足です。

今回はロジクールのヘッドセット・G430を実際に使ってみての感想です。

おしながき 

まずはPCで使用 

①PCではドライバをインストールする

PC版だと付属のUSB変換プラグを使用すると7.1chサラウンドでプレイする事が出来てます。

方法は簡単で、PCを介してUSB変換プラグを本体と接続して、そこにドライバをインストールして音声の設定をするだけです。

②実際にゲームで試してみる

今回は比較対象としてレインボーシックスシージをプレイ。 

特に気にしていたのは音の定位がわかるかどうかなのですが、方向はバッチリわかりましたが、距離感と上下の判別はもう少し頑張ってほしかったなと言う印象です。

技術的に難しいのかな?

PS4で使用

今度はPS4で同じくレインボーシックスシージをプレイして検証しました。

ここで唯一にして致命的な問題が発覚しました。 

ボリュームが超ちっちぇえ! 

臨場感がどう、とかの話ではないんです。

近くの音はまあ聞こえるんですが、遠くの音が聞き取りづらい、ていうか聞こえないんですよ。 

もっともこれは、G430のせいというよりPS4側の問題のようですが… 

恐らくはUSBの中の設定をPS4側では反映する術がないと言う事なのでしょう。

PS4の方はサラウンドでプレイするなら専用ヘッドセット3.5mmプラグをコントローラーに挿してプレイするのが無難のようです。

装着感など

付け心地は耳をきつく締め付けるような感じはないので、眼鏡をかけている私ですが耳が痛くなることはありませんでした。

あと、イヤーパッドの付け心地が良くてメッシュ素材を使用しているので通気性がよく、外して洗うこともできるそうです。

ただ、唯一気になっているのが、ケーブルがファブリック素材なので何かにこすれるとゴリゴリとした音が伝わってくるところがなかなかうっとおしい。

総評

総合的に判断してもPC専用と割り切れば価格以上のパフォーマンスを出してくれているので充分です。

これからFPSを始めたいと思ってる人などのエントリーモデルとしても十分な性能だと思うので、迷ったらこれを選んでみても失敗はないと思います。

  • 1.低予算ながらFPSで十分に使用できるレベル
  • 2.手軽に7.1chサラウンドを体感できる
  • 3.付け心地がゆとりがあるので眼鏡の人にはオススメ
  • 4.完全にPC向けでPS4等には適さない

それでは良いゲームライフを!

関連記事
ゲーミングデバイス

ゲーマーを支える大阪の会社 ゲーミングチェア からゲーミング座布団まで ちょっと変わったゲーミングデバイスメーカーを紹介

2019年9月5日
ゲーミングよーかん
以前からゲーミングチェアのレビューで何度か名前を紹介している「バウヒュッテ」。 なんかドイツっぽい名前のメーカーですが、れっきとした …