ゲーミングデバイス

FPS初心者向けゲーミングマウスは「有線」と「ワイヤレス」どっちがいいの? ゲーミングマウスに最適なのはこれだ!

PCゲーマーにとってマウスは自分の手足とも言える重要なデバイスです。

精度は勿論のこと、ショートカットボタンの機能性などこだわるとキリがないでしょう。

ことFPSに関しては一瞬の操作で勝敗が決します。

色々な種類のゲーミングマウスが存在しますが、物凄くざっくり分けると有線ワイヤレスの二種類にわかれます。

初心者が最初に購入すべきなのはどちらなのか?

結論から言うと有線

データ遅延を考えると有線が有利

いきなり結論から言いますが、初心者であれば有線一択です。

ワイヤレスは操作性こそ良い物の、有線と比較して僅かながらタイムラグが発生するためゲームに向いている物が非常に限られています。

細かい話はぬきにするなら初心者は有線で間違いありません。

では細かい話をしよう。

細かい話と言うのは、その遅延をカバーする事が可能になっているマウスが存在すると言う点です。

私が今一番欲しいゲーミングマウスがLogicoolG G502なのですが、このマウスは「LIGHTSPEEDワイヤレス」を謳うLogicoolGのフラッグシップモデルです。

あらゆる世代のチャートでトップの座を占めるG502はマウスのアイコン的存在。ヘビーゲーマーに選ばれている製品です。そしてG502 LIGHTSPEEDの登場により、G502は業界トップクラスの高度ワイヤレスゲーミングマウスの仲間入りを果たしました。eスポーツのプロたちが信頼を寄せるLIGHTSPEEDは、非常に優れた速度と信頼性を兼ね備えています。また、G502 LIGHTSPEEDは次世代技術であるHERO 16Kセンサーを搭載し、POWERPLAYに対応しています。この完璧かつ高度なテクノロジーによって生まれ変わったG502 LIGHTSPEEDは、これまでユーザーの支持を集めてきた形状を維持しただけでなく、7グラムの軽量化を実現しました。

*LogicoolG公式HPより抜粋

要するに早くて使いやすいって事だよ!

このマウス単体の性能はさることながら、もう一つ魅力的なのがPOWERPLAYと言うマウスパッドによる充電が可能だと言う点です。

これにより、ワイヤレスの弱点である電池切れの心配が無くなるのです。

じゃあG502とPOWERPLAYがあればいいんじゃないの?

致命的な問題が一個あります。

このG502POWERPLAYは別売りでして、G502がお値段なんと18,380円

もう一度言います、18,380円

参考までに言いますと、G502の有線版であるG502HEROが11,130円。

ワイヤレスにするだけで7,000円も高くなるんです。

さて、一方のPOWERPLAYはと言うと17,750円

17750円。

二つ合わせて36,130円。

そこそこのゲーミングチェアが一台買えるお値段、どれだけハイエンドなんだろう…

ワイヤレスの利点にはマウスバンジーで対抗

マウスバンジーと言うデバイスがあります。

これは名前の通り「マウスをバンジー(ぶらさげる)」と言う意味で、マウスのケーブルを釣り糸のようにぶら下げる事で余分なたるみから生じる誤操作を回避してくれます。

モニターの前でゲームをするのであればワイヤレスのメリットにはある程度このマウスバンジーで対抗が可能です。

例外はさておき、初心者オススメゲーミングマウスを紹介

と言うわけでG502のような例外はいくらお金があっても、初心者がいきなりコレを買えと言われても…ってなりますよね。

マウス単体でも結構な値段がするんです。

ワイヤレスは確かに魅力的な部分もあるのですが、有線と同レベルのパフォーマンスを実現するにはどこのメーカーでも結構なコストがかかりますし、マウスバンジーがあるとある程度は有線のデメリットも解消されます。

と言うわけであくまで初心者の入門モデルのゲーミングマウスをご紹介したいと思います。

コスパ最強!LogicoolG G300S

私がこのマウスをお勧めする理由はただ一点、コストパフォーマンスの良さです。

PCで設定が可能なショートカットボタンが複数付いているだけでなく、手元で感度の調整が出来るボタンもついています。

ついでに言うと左右対称なので左利きの方には特にオススメ!

サイズがやや小ぶりなので手の小さい方や女性にも扱いやすいのではないでしょうか。

このブログで何度も推薦しているイチオシです。

低価格でも高感度なSteelSeries Rival 110 62466

stealseriesと言うと古くからゲーマーに寄り添って来たゲーミングブランドの老舗。

そのstealseriesとセンサーメーカーPixArtと共同開発した「TrueMove1」オプティカル光学センサーを搭載したこのモデルは価格以上の高感度を実現しました。

またこちらもユニバーサルデザインのため左利きでも使いやすいと言うメリットがあります。

右利き特化のRAZER BASILISK ESSENTIAL

2019年8月時点でのRazerからの新製品は、右利きに特化させたエルゴノミックデザインのゲーミングマウスです。

性能的には先のG300SよりもDPI値が高いため、予算が許すならこちらの方がオススメ。

そして何と言ってもカッコイイのがRazerのロゴ!

また、これはアドバンテージにはなりませんが、このマウス

光ります。

まとめ 初めてのゲーミングマウスは一万円以内でOK

今回ご紹介した3点はどれも有名ブランドですが、やはりブランドのロゴを背負った物はいい加減な作りはしていません。

例え5,000円くらいのマウスでも、抑えるところを抑えたものであれば「合わせて36,130円」のマウスとも互角以上に戦えます。

それでも個人的には欲しい「合わせて36,130円」

お気に入りのブランドで選ぶもよし、コスパで選ぶもよし、あなたにとって長く使えるゲーミングマウスが見つかる事を祈っております!